So-net無料ブログ作成

セミの幼虫 地域による呼び方の違い

 夏真っ盛り。
 夏といえば一日中聞こえるセミの音が印象的で、田舎で過ごした少年時代を想起する。

 すぐ裏手にあった小高い山はセミの宝庫で、朝はカナカナが夕には普通のセミがいたものだった。

 でも、セミの幼虫の呼び名が地域によってこんなに違うとはおよそ想像を超えていました。
 日本文化の多様性、図らずも直面し感動しました。

 http://homepage2.nifty.com/saisho/nameofnymph.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © いまを斬る!鬼平の独り言 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。