So-net無料ブログ作成
-  |  次の3件 »

韓国ホワイト国外し 日本は不適切事例公開して改善要求を

 政府は昨日、リスト規制に関するホワイト国待遇諸国の中から韓国を除外する閣議決定を行いましたが、きょうの朝日新聞朝刊には、この問題を巡る日米韓三国の立場を象徴するかのような写真が掲載されました。目も合わせようともしない駄々っ子同士の喧嘩を。米国ポンペイオ国務長官が宥めてでもいるかのようです。国と国との争うにしては、無邪気の見えますが、この二人ひょっとしてどちらも損な役を演じさせられている被害者なのかも知れません。

 日本の一連の制裁処置が、政府のいうように徴用工問題などに対する政治的報復ではないのなら、正々堂々と韓国側の不適切な取引の具体例をすべて指摘して、これらの事実が日本のひいては平和社会を志す国々の安全保障の妨げになっていることを指摘したうえで、改善を迫ったらいいのではないでしょうか?韓国側だって、欧米社会への手前もありますから、証拠とともに突きつけられれば応じざるを得ないでしょう。日本の態度に疑義を抱いているかもしれない他国への説得材料にもなるはずです。

 私も、かって開発部門の責任的立場にあった時分は、当時の通産省が主催する会議などに赴いてリスト規制やホワイト国について詳しく説明を受けたこともありますし、商社や貿易代理店からの非該当証明申請書への最終承認も行ったことがあります。
 このリスト規制、古くは対共産圏貿易管理の国際敵枠組み旧COCOM統制に始まる、欧米諸国間が行う国際的な輸出規制です。この中で、ホワイト国とされる国は、輸出管理体制が確立しいて、大量破壊兵器の拡散を行わないことが明白であることから、仕向け地がこれらの国の場合規制の対象外とされているのです。韓国がホワイト国から除外されることなったため、軍事転用される可能性のある物品等の輸出は個々の製品レベルで厳しく管理されることになります。特に問題となるのは、最終仕向け地がどこの国ななのかを見極めることなのです。迂回貿易で中国をはじめとする日本を取り巻く共産諸国に高度技術産品が移転することを防ぐ大切な枠組みだといまでも認識しています。
 
 特に、韓国に限ったことではありませんが、定常的な取引のない相手がエンドユーザーだったような場合、よくわからない貿易商社などが介在して問題に発展するケースもあるようで、現場の苦労は少なくないという実感があります。
nice!(0)  コメント(1)  [編集]
共通テーマ:ニュース

真夏日気温摂氏35度の世界 まさに死に近づく思い

 きょう2019年8月2日、わが家の位置する東京多摩地方西部の。気象庁発表の日中の最高気温は38度を超えたようです。
 小学校時代に教えられた気温は、地表から1.5mほど上で直射日光があたらない構造の百葉箱で計測した温度。それが、35度。
 山深い新潟・田舎村で育った私にはまさに異界です。

 日中の最高温度35度の予報もあって.,朝から早々にエアコンを運転させましたが熱い一日になりそうです。


 
nice!(1)  コメント(0)  [編集]

直ちに影響ない北の飛翔体 何が変わった?

 このところ北朝鮮が連日短距離弾道ミサイルと思われる飛翔体を発射しています。しかし、それに対して核開発状況にも拉致問題にも何ら進展が見られないのに、官邸は、あの調子者の米国トランプ大統領に迎合して「直ちに(わが国の安全に)影響はない」などとうそぶいているありさまです。
 ついこの前まで安倍政権は、北挑戦に最大限の圧力を掛け続けると言う一方で、サイレンが鳴るなか頭を抱えて避難する訓練を主導していたあの時と状況は何も変わっていないのに、この変わりようは一体何でしょう。

 対北朝鮮交渉はもとより、最近の旧COCOM輸出統制リスト管理を巡る韓国との貿易問題はじめ、古くから日韓間に横たわる幾多の課題にも、先進国として。とりわけ韓国に対しては兄貴として何ら積極的解決策を提示できないままの日本の姿に、西欧の主要メディアには、やや批判的な論調が目立ち始めています。
 日本会議をはじめとする、いわゆる歴史修正主義者と指摘される勢力の影響も。徐々に強まっている感触もあります。
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース
-  |  次の3件 »
Copyright © いまを斬る!鬼平の独り言 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。